Cooking Rebun

Cooking Rebun

日本最北限・北海道礼文島暮らし

食材・お店 / 観光案内 / 地域おこし / 冬の礼文島 / 住民アンケート

礼文島移住雑感

北海道礼文島移住雑感:どこに「地域おこし」のゴールを設定するか?

(写真は秋の猫岩) こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。今日は「地域おこし」について、私自身の頭の中を整理するために文章を書いていきたいと思います。 今更ですが、私は日本最北限の有人離島・礼文島で「地域おこし協力隊」をやっています。「…

地域おこし協力隊制度の課題 -「地域おこし協力隊」は地域で一体何を作ろうとしているのか? -

こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。 先週は、年に一度の礼文島の大きな神社祭である「厳島神社祭」に参加し、地域の方々とともにお神輿を担ぎました。最近、地域の方々と関わることが多く、「地域おこし」についても考えることがあります。 この記…

北海道礼文島移住雑感:都会を離れて、夜に波の音を聴くということ

(写真は日没を迎える礼文島) こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。 礼文島は、夜になると真っ暗になってしまいます。そのため、ついつい考え事に耽ってしまいます。今日は、東京から日本最北限の離島に移住して、とりとめもなく考えたこと、感じた…

北海道礼文島移住雑感:「島だから」? -「仕方がない」という感覚について-

(霧の日の礼文島スコトン岬。海霧は島の言葉でジリと呼ばれている。何も見えない) こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。現在礼文島は観光シーズン真っ只中ですが、最近は天気が悪い日が続いています。記事冒頭の写真は礼文島最北端にあるスコトン岬…

北海道礼文島移住雑感:礼文島における地域のつながり -「コミュニティ」は存在するのか?-

(写真は礼文島・船泊村にある「タコ公園」) こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。 「地域おこし」というと、みなさん何を想像しますか? 観光振興などによって地域経済を活性化する、地域の人口を増やして集落機能の低下を食い止める、など、様々な…

北海道礼文島移住雑感:私が礼文島で学んだもの -「共同体感覚」について-

(写真は昨日撮った猫岩) こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。 前回、こんな記事を書きました。礼文島への一移住者としての視点を書いたものです。 cookingrebun.hatenablog.com 今回も、ひとりの都会からの移住者として、自身が礼文島で学んだ事柄…

北海道礼文島移住雑感:礼文島における「資本主義」について

(写真は桃岩展望台) こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。本州はもう初夏のようですが、こちらはまだストーブをつけています。 今回は、島に住みながら最近考えたことを書いていきたいと思います。 -- 時折、役場の上司であるK氏と島の観光や地域お…

北海道礼文島移住雑感:都会から礼文島に来て困ったこと

(写真は4月の利尻富士) こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。 以前、東京から礼文島に移住してよかったことを書きました。 cookingrebun.hatenablog.com 前回予告したように、今回の記事では逆に礼文島に来て困ったことなどをあえて書いていきたい…

北海道礼文島移住雑感:礼文島の日没を見届けて感じること

こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。最近は日も長くなり、晴れる日も増え、週末はニコンのカメラを片手に日没を見届けるようになりました。 島に来て約一年、繰り返される日没を見届けながら、感じていることがあります。それは「太陽の力」、そして…

北海道礼文島移住雑感:離島で暮らすということ

こんばんは。日本最北の地域おこし協力隊、はやとです。今日は私より一年先に礼文島に来ていた先輩隊員の見送りに行ってきました。彼女は次の道を見つけて島から旅立ってきました。おそらく離島ではどこもやると思いますが、フェリーのデッキからカラーテー…

北海道礼文島移住雑感:「地域おこし協力隊」の月と6ペンス

(写真はトド島展望台から見た夏の礼文島の景色) こんにちは。礼文町地域おこし協力隊のはやとです。もうすぐ協力隊員として礼文島に着任してから1年が経ちます。そこで「地域おこし協力隊」に興味がある人向けに、制度について、なぜ自分は協力隊になったの…

北海道礼文島移住雑感:東京から北海道礼文島に移住してよかったと思うこと

こんにちは、はやとです。礼文島ではカニ漁が始まっています。 今日は、東京から礼文島に移住してよかったと感じた4つの点を書いていきたいと思います。 目次 (1)空気がきれい (2)食べ物がおいしい (3)自然が豊か (4)価値観の変化 (1)空気がきれい 個人的に…