Cooking Rebun

Cooking Rebun

北海道礼文島移住ライフハック

島の生活 / 食材 / 観光 / アクセス

北海道礼文島移住雑感:東京から北海道礼文島に移住してよかったと思うこと

f:id:hayato_kat:20170127102303j:plain

こんにちは、はやとです。礼文島ではカニ漁が始まっています。

今日は、東京から礼文島に移住してよかったと感じた4つの点を書いていきたいと思います。

目次

 

(1)空気がきれい

f:id:hayato_kat:20170127101809j:plain

個人的には、これが一番ではないかと思います。普段、島にいる間は全く意識しませんが、たまに東京や名古屋近郊の実家に帰るととてつもなく空気が汚いと思うようになりました。空気は、当たり前すぎてその価値をなかなか意識することはないですが、きっと心身によい影響を与えてるのだと思います。

 

(2)食べ物がおいしい

f:id:hayato_kat:20170127201206j:plain

礼文島でまずい食べ物に出会うことはあまりありません。漁師さんの知り合いからたまにもらう魚介類は格別です。生きたカニやとれたばかりの生々しいほっけなどと自分で格闘しなければならないこと自体、私にとってかけがえのない貴重な経験になっていることと思います。

 

(3)自然が豊か

f:id:hayato_kat:20170127102803j:plain

晴れた日の礼文島は、本当に美しいです。ちょうど昨日も、船泊から香深への通勤途中に見えた海、太陽、利尻富士のあまりの美しさに息をのみました。一年を通して、太陽の偉大さ、自然の声などを身近に感じることができると思います。

 

(4)価値観の変化

f:id:hayato_kat:20160922203423j:plain

礼文島では、お金を払う機会が都会よりも少ないです。すぐそこの漁港でとれた魚介類を運が良ければそのままいただくこともできます。その代わり、私も何かをします。都会ではすべてのものに値札が付いていますが、島ではそんなことはありません。東京では考えられなかったような視点が、礼文島にはあります。

 

 いかがでしたでしょうか。私自身、若い時期にこの島に来れて本当によかったと思います。また随時、移住してよかったと思うこと、そして「東京の方がよかった」と思うことの両方をアップしていきたいと思います。

 

この記事が気に入ったらシェアお願いします!