Cooking Rebun

Cooking Rebun

日本最北限・北海道礼文島暮らし

島の生活 / 食材・お店 / 観光案内 / 地域おこし

北海道礼文島移住雑感:都会から礼文島に来て困ったこと

f:id:hayato_kat:20170421224455j:plain

(写真は4月の利尻富士

 

こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。

以前、東京から礼文島に移住してよかったことを書きました。

 

cookingrebun.hatenablog.com

 

前回予告したように、今回の記事では逆に礼文島に来て困ったことなどをあえて書いていきたいと思います。

 

目次

 

1.夜やっている店が少ない

「さあ、飲みに行こう」と思っても、夜に店が営業していないこともしばしば。島において、営業時間はあってないようなものです。

 

2.コンビニが1軒しかない

都会にいた頃は、「コンビニ多すぎじゃね?」と思ったりもしていましたが、島に来て、逆にコンビニのありがたさがよくわかりました。最寄りのコンビニ(セイコーマート)は、家から徒歩10時間以上。

 

3.どこで何をしていたのかバレる

自分が持っている車がまわりの人に把握されているため、どこで何をしているのかがわかってしまいます。

 

4.回覧板の頻度が異常

同時に2枚も3枚もまわってくることもあります。

 

5.都会に比べれば退屈さは免れない

映画館、美術館、巨大な本屋や家電量販店はありません。そういった類の刺激は少ないです。

 

おわりに

結局のところ、大切なのは、自分にとって何が大事なのかを見極めることだと思います。ネットの時代ですので、Amazonで注文すれば3日後には届きます。また、若い男性には辛いことに、若い女性が少ないです。ただ、礼文島は夏の観光時期にアルバイトで若い女の子が来るので、彼女たちをめぐって島の男たちが繰り広げる熱いバトルが結構青春だったりします。長い冬を耐え忍んだ分、夏に一瞬の花火が爆発するのです。