Cooking Rebun

Cooking Rebun

日本最北限・北海道礼文島暮らし

食材・お店 / 観光案内 / 地域おこし / 冬の礼文島 / 住民アンケート

北海道礼文島生活:ギョウジャニンニクについて

f:id:hayato_kat:20170505013342j:plain

(写真はギョウジャニンニクの生えた斜面)

 

こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。

今週のお題ゴールデンウィーク2017」。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

今日は、山菜採りに行ってきました。北海道の定番、ギョウジャニンニクです。

以前から気になっていたものの、今回初めて食べました。

その様子をお届けします。

 

目次

 

ギョウジャニンニクって?

にんにくとついていますが、白い「にんにく」の部分はなく、どちらかと言えばニラに近いです。別名、アイヌネギとも言われています。

f:id:hayato_kat:20170505013221j:plain

昔は修行中の行者が食べたと言われており、とても栄養価が高い反面、臭いです。

 

ギョウジャニンニクの食べ方

島の人に教わった食べ方と、実際に食べてみた感想をお伝えします。

 

1.めんみにつけて生で食べる

ギョウジャニンニクを生のまま、めんみにつけて食べる方法です。めんみとは、北海道で主流の調味料で、めんつゆとみりんとだしを足したものです。

この方法が一番ギョウジャニンニク感がありました。辛くてとても美味しかったです。そして腹にきました。

 

2.茹でたあと、めんみにつけて食べる

ほうれん草と同じ要領で茹で、それをめんみにつける方法です。

ギョウジャニンニクはマイルドになり、食べやすかったです。

 

3.ジンギスカンにする

北海道のソウルフードジンギスカン

「ベルのジンギスカンのたれ」、もやし、ピーマン、ラム肉とともにギョウジャニンニクを炒めました。非常に美味しかったです。

f:id:hayato_kat:20170505013104j:plain

ちなみに、北海道のソウルドリンク、ガラナも一緒に味わいました。

 

みなさんも、ギョウジャニンニクを是非一度食べてみてくださいね!