Cooking Rebun

Cooking Rebun

日本最北限・北海道礼文島暮らし

島の生活 / 食材・お店 / 観光案内 / アクセス

北海道礼文島移住雑感:礼文島における地域のつながり -「コミュニティ」は存在するのか?-

f:id:hayato_kat:20170701133611j:plain

(写真は礼文島・船泊村にある「タコ公園」)

 

こんにちは。地域おこし協力隊のはやとです。

 

「地域おこし」というと、みなさん何を想像しますか?

観光振興などによって地域経済を活性化する、地域の人口を増やして集落機能の低下を食い止める、など、様々なことが思い浮かぶと思います。あるいは逆に、「地域おこし」と言われてもピンと来ないかもしれません。

 

「地域おこし」と聞いてすぐに連想されるのは、「コミュニティ」という単語かもしれません。

たとえば、現在千葉県いすみ市にて地域おこし協力隊をしている、私の学生時代の友人が書いた「地域おこし」に関する記事です。

 

www.bashi1111.com

 

他にも、山崎亮『コミュニティデザインの時代』など、地域とコミュニティを語った文献は多いと思います。

 

コミュニティデザインの時代 - 自分たちで「まち」をつくる (中公新書)

コミュニティデザインの時代 - 自分たちで「まち」をつくる (中公新書)

 

 

 

私自身、東京から礼文島に移住し、島のコミュニティに関心を抱き続けてきました。

その背後にあるのは、私が都会にいた頃に感じていた「コミュニティの不在」あるいは「コミュニティ」への憧憬でした。

 

アメリカの社会学者ウェルマンは、カナダの大都市トロントの一地区において人々のつながりについての調査を実施し、都市部の人々は彼らが考えているほどつながりが失われているわけではないことを明らかにしました。

一方で、そのつながりは、親族、同郷などの単一のグループに属したものというよりは、様々なグループのつながりを同時に持っている状態であり、それゆえ都市部の住民は帰属意識アイデンティティの喪失を感じている可能性がある、と指摘しています(Wellman, 1979)。

 

ところで、コミュニティとはそもそも何でしょうか?

それは、つながりの集合体なのか、単一の組織なのか。

 

礼文島において「つながり」を生み出す場として機能していると考えられるのは、地縁、職場、バレーボールの集まりなどのインフォーマルな場、などがあげられると思います。また、礼文島には自治会などの組織も存在します。

 

「地縁に基づいた互酬的な共同体」などと言うと聞こえがいいですが、こうした結合度の高いネットワークは、相互監視的な圧迫感や逸脱者へのインフォーマルな制裁などを含んでいると考えられます。そうした「田舎的な」側面を嫌う人は多いと思います。

 

では、都会に住んでいる(いた)私たちは、一体コミュニティに何を求めていて、何を作りたいのでしょうか?

 

私がコミュニティに関心を持つようになった大きなきっかけは、家の隣に住む島のおばあちゃんの存在です。

私自身、ほぼ同い年の祖母がおり、祖母は現在都会に住んでいます。二人とも夫に先立たれ、現在一人暮らしをしています。つまり、非常に条件が似ているのです。

 

現在も島の「あみ外し(漁で網にかかった魚を外す仕事)」に関わる島のおばあちゃんと、教師を退職しドトールや図書館などで時間を潰すおばあちゃん。

 

彼女たちと関わっていくうちに、かなり早い段階で、「コミュニティ」や「つながり」が彼女たちにダイレクトに与えるプラスの影響の重大さを察知しました。私の見たところ、彼女たちに存在の意味や生きがいを与えるのは、テレビでもパソコンでもなくつながりであり、彼女たちはコミュニティのようなものを渇望しているのだと、肌で感じました。それが、私が礼文島においてコミュニティの調査をしようと考えたきっかけでした。

 

現在、私たち協力隊は、役場と連携して、島民を対象に、「地域おこし」への意識を調査しています。その際、「地域おこし」への意欲や関心を説明する説明変数として、地域住民の持つ個人的なネットワーク(エゴセントリックネットワーク)に着目し、可能な範囲で住民のエゴセントリックネットワークについて調査しています。

 

また、私の関心は、「島の人(島内で生まれ育った人)」と「移住者」がどれだけ混ざり合っているのか、あるいは閉じたネットワークを形成しているのか、という点にもあり、合わせて調査しています。地域おこし協力隊をはじめ、島に移住者を呼ぶためには、移住における障壁についての知見が有用であると考えられるためです。

 

(興味のある方用に、調査計画書をアップしておきます)

調査計画書.pdf - Google ドライブ

 

調査はまだはじまったばかりですが、また何か明らかになった知見があれば、記事にしていきたいと思います。

 

(参考文献)

Wellman, 1979 "The Community Question: The Intimate Networks of East Yorkers", American Journal of Sociology, 1979;84: 1201-31

 

リーディングス ネットワーク論―家族・コミュニティ・社会関係資本

リーディングス ネットワーク論―家族・コミュニティ・社会関係資本