Cooking Rebun

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cooking Rebun

北海道礼文島移住ライフハック

島の生活 / 食材 / 観光 / アクセス

北海道礼文島生活:飯寿司について

あけましておめでとうございます。みなさん、お元気ですか?こちらは雪がすごいです(笑)。島中、除雪車が走り回っております。

 

さて、今日は、礼文島の冬のご馳走、飯寿司(いずし)を紹介します。

 

f:id:hayato_kat:20170113220921j:plain

 

はい、これです。左がほっけの飯寿司、右がとんべつかじかの飯寿司。右の方はレアです。島では普通、秋にとれたホッケを麹に漬けて飯寿司を作るそうです。冬の保存食ですね。北海道の他の地区ですと、鮭を使ったりもするそうです。

 

好みが分かれると言う飯寿司、私はイケました!ちなみに、飯寿司は各家庭によって味が違うそうです。韓国でいうところのキムチみたいなものですね(食べたことないけど)。もうひとつちなむと、秋の礼文島では、各家庭でいくらの醤油漬けを作ります。

 

この飯寿司、家の近く(船泊)のパーラーというバー(島民には居酒屋と呼ばれている)でも出てきました。みなさんも、冬の礼文に立ち寄ることがあったら、一回くらいは食べていただきたいです。

 

以上、冬の礼文島グルメレポートでした。

 

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

広告を非表示にする